事故の時にどんな対応してもらえるの?

交通事故が起きた時の行動とポイント!

車を運転していて事故を起こしてしまった時に、自分が加害者の場合に免許や今後の事が不安になり、つい相手方が示談を求めてきた時に対応をしてしまうという人もいるかもしれませんが、その場で双方とも問題がなくても必ず警察に連絡をする事が基本になります。後々のトラブル回避を考えれば、冷静に自身の起こしてしまった事を順序良く解決していく事が大切になります。
警察に連絡をしてから、自分の加入している保険会社に連絡をするようにします。自分が加害者の場合は保険会社への連絡は義務となっていますし、勝手に示談や弁償などの行為を決めないようにしなくてはなりません。
もちろん、事故後に相手が怪我をしている事がわかるのであれば、すぐに救急車を呼ぶ事からはじめなくてはならないのは言うまでのありませんが、車同士の事故で多いのが勝手な示談によるトラブルが多い為、順番を変えて書きましたが、基本的に人命が最も優先されます。

事故後の面倒な処理は保険会社の担当にお任せ!

事故を起こした場合には、警察と保険会社への連絡は必須になりますが、保険証番号などがわからないと本人の確認が困難になる事から、解決までの時間もかかる事になります。一般的には、保険証番号が記載されているカードなどが保険会社から送付されていると思いますので、免許証や車のダッシュボードなどに日頃から入れておくことが基本になります。
事故後の責任問題や弁償問題に関しては、自身で判断をせずに保険会社に全て任せるようにする事が最も重要なポイントになります。保険会社の担当者はプロですから、自身にとって不利になるような事はしませんので安心をして任せられます。
万が一、保険会社の担当を無視して、事故の相手から連絡があっても、詳細は保険会社の担当と話すようにと言うだけで問題はありません。とにかく素人が間に入るとややこしくなるだけなので、事故後も何かあれば、保険会社の担当に質問をする事をおすすめします。